(家庭教育手帳…小学生(高学年)~中学生編)

 

特別な支援が必要な子どもがいます

 

 家庭や学校で、 「コミュニケーションがうまくいかない」、 「いつまでも落ち着きがない」、 「漢字が覚えられない」、 「社会的なルールがわからない」など、 年齢にふさわしくない行動や様子が見られる場合、 あるいは、 学校嫌いや引きこもりの状態がある場合、 LD・ADHD・高機能自閉症等の発達障害がその理由の一つかもしれません。

 これらは生まれつきのものであり、 子育ての仕方に原因があるわけではありません。

 発達や行動について心配があったら、 一人で悩まず、 できるだけ早く学校や地域の 「発達相談」 の窓口に相談してみるとよいでしょう。

 専門的なアドバイスを受けて、 効果的な働きかけをすることによって、 その子の困っている状態の改善が期待されます。 

キーワード: 家庭教育手帳
コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文 *必須
お名前 *必須
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード*必須
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー *必須 下の画像に表示されている数字をご記入下さい。
(画像は毎回変わります)